自動車保険を安くするポイントとは?

自動車保険は毎年更新するだけで、交通事故に全く合わないというのが理想ですが、自動車はある程度の危険性が常に伴う乗り物なので、そういう訳にもいかないのが現実。
一方、無事故だと保険料は掛け捨てで、当然お金は出て行くばかり…。
そして、ほとんど同じ補償内容なのに保険会社によって保険料が違っている… 自動車保険の世界ではいまやそれが当たり前になっています。
まずは、保険の仕組みを理解し、保険料をもっと安くするコツをつかみましょう。
「自分は常に安全運転を心掛けているし、財布の方も気になるから・・・」
と思っているあなたは、以下のポイントをチェックすることによって保険料を安くすることができます。

◆リスク要因で保険料は決まる

保険料は、金融庁が定める以下の9つのリスク要因に関して、保険会社が独自に料率を算定して保険料を設定できるようになっています。

【9つのリスク要因】

  1. 年齢  担保年齢、料率間格差は3倍以内 (統計上、年齢が高いほど事故の発生率が低いので安くなります。)
  2. 性別  男女による違い、格差は1.5倍以内
  3. 運転歴  運転者の事故の有無、経験年数など(いわゆる等級)
  4. 使用目的  自家用、業務用などの違い
  5. 使用状況  年間の走行距離などによる違い
  6. 種別  乗用自動車、貨物自動車、軽自動車などによる違い
  7. 安全装置  エアバッグ、ABS、盗難防止装置などの有無による違い
  8. 所有台数  1台と複数台数目による違い
  9. 地域  全国7地域のブロック別による違い。格差は1.5倍以内

いわゆる「リスク細分型自動車保険」とは、このリスク区分を従来以上に細分化させたものです。
上記リスク要因のすべての項目を自動車保険料に反映させている損害保険会社もあれば、いくつかの項目だけを反映させているところもあります。
結果として、従来の保険料より安くなる場合と高くなる場合が出てきています。
様々な条件の違いにより差が出てきますので、詳しい内容については無料で見積が取り寄せられるインターネットを駆使し、各損害保険会社の特徴や料金を把握して自分にあった保険を選ぶようにしましょう。

→欲しい情報がいっぱい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。