自動車保険の等級別料率について

保険事故を起こしたら場合は必ず保険料率が上がるのか?

自動車保険には等級別料率という制度があり、契約毎の事故歴により保険料を割引あるいは割増する仕組みになっています。
1年間無事故の時は継続されるご契約の等級が1ランク上がり(最上位等級20等級)、それに応じた割引きが適用されます。
なお、事故が起きてしまった場合には、等級が下がり保険料率が割増しされます。
この事故歴による等級は全ての保険会社間でデータ交換をしています。
従って、どこの保険会社に変えても過去の事故歴による等級は継承される仕組みになっています。
しかしながら、どこの保険会社でも適用される等級(割引・割増)は同じですが、保険料は異なるため保険事故が起きた翌年の保険料が一概に高くなるとは言い切れません。

保険でいう事故とは、保険金を支払ったケースだけを対象とするので、運転免許証での事故歴や違反歴とは関係ありません。
保険事故を起こしても、いや保険事故を起こしたからこそ、少しでも保険料を安くしたいと考えたくなるのが通常です。
現在は保険会社によって保険料に大きく差が出ており、補償内容を見直したり保険会社を替えたりすることで保険料を節減することは可能です。

【等級別料率制度の概要】

はじめて自動車保険に加入する場合は6等級(※)から始まり、その後1年間無事故の場合は次年度の等級が1ランクずつ上がっていきます。
反対に事故を起こして保険金が支払われると、事故1件につき3等級ずつダウンしていきます。
長い間無事故を続けていくと割引率が高くなり保険料が安くなるのが一般的です。
ちなみにこの1等級〜20等級までのことをノンフリート等級と呼びます!
自動車保険を契約している自動車の台数が9台以下の契約者をノンフリート契約者とも呼びます。)

6等級(または7等級)については、年齢条件によって更に細かく分かれており、割増引率が異なります。
17〜20等級やその他の等級についても保険会社によっては名称が異なる、あるいは扱っていない場合や割引率が異なる場合もあります。
また、事故の種類によっては、3等級ダウンしない保険事故もあります。
主な事故は下記の通りですが、運転リスクによる事故は3等級下がり、そうでない事故については等級は等級が据え置きされたり無事故と同様に等級が進んだりします。

※個人所有の自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車(小型・軽四輪)、自家用普通貨物車(0.5トン以下・2トン以下)、キャンピング車を11等級以上で契約されている方が2台目以降の上記車種のクルマに新たに自動車保険を契約する場合は複数所有新規割引として7等級を適用します。


主な保険会社の継続契約に適用する等級の例  ( ※割増引の単位:%)
等級    1  2  3 4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

割増引率 +60 +30 +30 0 -10 -10 -20 -30 -40 -40 -45 -50 -50 -55 -55 -58 -58 -60 -60 -60

主な保険会社の初めて契約する場合(6等級)に適用する割増引
年齢条件 全年齢 21歳以上 26歳以上 30歳以上 35歳以上
割増引率 +30% +10% 0% 0% 0%

主な保険会社の複数所有新規「7等級」(※)に適用する割増引
年齢条件 全年齢 21歳以上 26歳以上 30歳以上 35歳以上
割増引率 +10% -10% -30% -30% -30%


【主な保険会社の保険事故による等級の推移】

3等級下がる事故
・対人、対物賠償を使用した事故
・上記以外の車両保険を使用した事故

等級が据え置きとなる事故
・いたずらや盗難、火災等による車両保険を使用した事故

等級が進む事故
・人身傷害補償保険のみを使用した事故
・ロードアシスタンスのみを使用した事故

→欲しい情報がいっぱい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。