任意自動車保険に付けたいおすすめの「特約」

自動車保険は「対人・対物の賠償責任保険」、「自分・搭乗者のケガ」それに「自分の車に対する車両保険」をどのように組み合わせて、いくらまで補償の金額を付けるかというのが基本です。
しかし、この段階ではどこの保険会社に加入してもあまり差はありません。
そこで、保険会社は差別化を図るためにさまざまな「特約」を開発して付加価値を付けています。
この特約により補償が厚くなったり保険料が割引になったりというメリットもありますが、商品が判りにくくなるというデメリットも生じていることも事実です。
自分のライフスタイルにマッチする、本当に必要な特約だけを活用したいと思っている方に、是非ともおすすめしたい任意に付ける特約を紹介します。

【おすすめの特約】

◆対物差額修理費用担保特約・対物超過費用担保特約 (対物賠償責任保険に付帯)

明らかに自分に過失がある他の車との接触事故のときに、相手に対して新車に買い換えてあげるというのは無理にしても、「ちゃんと対物賠償に無制限で加入していたのに、修理代の一部しか保険で補償してもらえない?」ということがあります。

損害賠償金の支払い金額は「時価額」が限度となるため、「修理代」がその車の「時価額」より高いケースに発生いたします。
「対物差額修理費用」を付けると、相手の車の「修理代」がその車の「時価額」を超えるときでも、その差額について一定金額(多くの保険会社は50万円が限度)まで、過失割合に応じて補償されます。
多くの方が自動車保険に求めている補償内容としておすすめしたい特約です。

◆弁護士費用等担保特約

「保険会社が示談交渉をしてくれない」事故があるのをご存知ですか?
あなたが交通事故の被害者で自分に過失がない賠償事故、たとえば「もらい事故」などについては事故相手との示談交渉を自分の保険会社を通じて行うことができないのです。

「早く事故を解決したい、ましてや「もらい事故」なら、なおのこと」と考える方は多いと思います。
「事故の相手方は保険会社の人が出てきて何やら難しいことを言っているけど、良く判らない」と泣き寝入りしないためにも、「弁護士費用等担保特約」を付けて法律相談や弁護士に依頼して、納得いく事故解決をしていただくためにおすすめする特約です。

自分の自動車保険に「弁護士費用担保特約」がついていれば、通常300万円までは、あなたが頼んだ弁護士の費用を保険会社でカバーしてくれます。
つまり、この金額の範囲内であれば、あなたは弁護士費用を一切持ち出すことなく弁護士に依頼し、示談交渉や裁判をすることができます。

◆事故付随費用特約

ダイレクト系損保のTVコマーシャルで、きれいなオペレーターが事故の際のホテルや代車を手配しているシーンをご存知の方、まさにアレです。
事故や故障による走行不能時の思わぬ出費(臨時の宿泊や交通費、キャンセル費用、搬送・引取費用)を補償してもらえます。
わずかな追加保険料で加入できますので、取り敢えず付けたい特約です。

一般には以下の限度額の範囲内で支払われまます。

・臨時宿泊費用: 1事故1名あたり1泊1万円を限度
・臨時帰宅費用: 1事故1名あたり2万円を限度
・搬送・引取費用: 1事故10万円を限度

→欲しい情報がいっぱい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。