リスク細分型自動車保険とは?

リスク細分型自動車保険

日本では1997年より認可され、外資系を中心に展開している。
ドライバーの年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許証の色などによって値段が違うのが特徴である。

つまりリスク細分型保険とは、保険料を算定するときに、その保険に関して、リスクが少ない方に対し、保険料を安く提供しようとする保険のこと。
従来は規制があった為実現しなかったのですが、日米保障協議、規制緩和の影響により、現在は、各保険会社が競って提供しています。
自動車保険でのリスク要因としては、ドライバーの年齢・住んでいる地域、運転目的、車種、運転歴、性別、走行距離、運転免許証の色、生活様式等があります。
またそれぞれの要因によって保険料の値段が変わってきます。   

リスク要因の具体例を挙げると、

・年齢の場合、10代、20代より30代、40代。

・地域の場合、首都圏より東北、四国、九州。

・運転目的の場合、営業よりドライブ。

・車種の場合、スポーツカーよりセダン等。

・運転歴の場合、初心者より無事故者。

・性別の場合、男性より女性。

・生活様式の場合、毎日運転より週末のみ運転の方

 が保険料は割安になります!o(´・ω・`)o 

ただ、保険料の格差の付け方は各社まちまちです。
・等級を増やして無事故の優良ドライバーの保険料率を下げる自動車保険も登場。
・通信販売によって代理店の手数料を削減して保険料を安くしています。

最近は、インターネットの普及により〜ネット上から申し込みした場合は保険料が安くなったり、
各保険会社独自にリスク要因を作り、提供している場合もあります。
(例:タバコを吸わない人は保険料を下げる〜etc)  

まずは各保険会社から、資料請求して検討しましょう。
また、インターネット上で保険料の比較HPもありますので、そちらも利用すると良いと思います。

でも、注意してほしいのは、特に自動車保険の場合、保険料が安いことも大切ですが、
事故に遭った後のサービスについても充分に検討しつつ
保険料の値段と充実したサービスのバランスを良く考えて各社の自動車保険を比較して、
あなたに最適の自動車保険を選びましょう♪(人ω・`)

→欲しい情報がいっぱい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。